--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.11.12

ARついて

ご質問をいただいた中からの抜粋ですが、

「メイル技法におけるARの値って何ですか?」
「ARの出し方が間違っていますか?」

ARについていくつかご質問が重なりましたので、
以下にまとめてみます。

チェーンメイルの製作において海外のサイトなどを観ていると
ARという文字を目にする機会があると思います。

メイル技法において組める大きさというのが決まっているものが
かなりあって、ゲージと内径で表す{18ga 5/32"}という表示
とは別にARはアスペクト比「Aspect Ratio」の略称で、
{3.4~3.5}が最適というような表示になります。

代表的なビザンチンでは、
ARは3.3できつめ、3.4~3.5が綺麗。3.6~はゆるくなる。

AR比を出すには、
AR = 内径 ÷ 線径 
内径 = 線径 x AR  
外径 = 内径 +(線径 x 2) 

例えば、線経 0.8mm 外径4.5mm なら 
まず内径を出します{4.5-0.8-0.8=2.9}
AR=2.9÷0.8=3.625

そしてARによって組める技法組めない技法などはすでに
ほとんどが公開されていますので、是非とも参照していた
だければと思います。

お勧めは以下のサイトの技法についてまとめられているページ

M.A.I.L


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。